内在性カンナビノイド系

大麻は、現代科学における最も刺激的で過小報告されているものの1つです。マリファナの効果に関する研究は、人体におけるこれまで知られていなかった生化学的コミュニケーションシステムである内在性カンナビノイドシステムの発見に直接つながりました。

大麻に薬理学的に反応する脳内の受容体の発見ーそれに続くこれらの受容体に結合する私たち自身の体内の内因性カンナビノイド化合物の同定は、人間の生物学、健康、そして病気についての私たちの理解を高めました。

カンナビノイドおよびカンナビスの他の成分が、人間の脳および体の多くの生理的システムを調節できることは確立された科学的事実です。カンナビノイドは、カンナビノイド(および他の)受容体を誘発する化合物です。 マリファナの植物では、100を超えるカンナビノイドが確認されています。これらのマリファナ分子のうち、テトラヒドロカンナビノール(THC)およびカンナビジオール(CBD)が最も広く研究されてきました。植物によって産出されるカンナビノイドに加えて、哺乳類の脳や体に天然に存在する内因性カンナビノイド(アナンダミドや2AGなど)、そして製薬研究者によって作られた合成カンナビノイドがあります。

その大部分が米国政府によって支援されている広範な臨床試験では、CBDが強力な高腫瘍性、抗酸化性、抗痙攣性、抗精神病性、および神経保護性を有することを示しています。CBDは、セロトニン受容体を直接活性化し、同様に高不安効果を引き起こします。

「カンナビジオールは、化学療法の痛みを伴う副作用を起こすことなく、癌を治療することができ、無毒の治療法を提供します。」とMcAllisterは述べています。

近年、国際カンナビノイド研究協会(ICRS)に関連する科学者たちは、それを通してCBDが治療的影響を及ぼすいくつかの分子経路を解明してきました。例えば、サンフランシスコのカリフォルニアパシフィックメディカルセンターのDr. Sean McAllisterとその同僚による全臨床試験は、CBDがD-1と呼ばれる遺伝子を下方制御することによってどのように乳癌細胞を破壊するかについて報告しています。

「カンナビジオールは、化学療法の痛みを伴う副作用を起こすことなく、癌を治療することができ、無毒の治療法を提供します。」とMcAllisterは述べています。

CBDとTHCの相乗効果

パシフィックメディカルセンター

上の画像は、CBDがどのようにしてヒト細胞株における癌細胞の浸潤を阻止できるかをテストしたMcAllisterによる実験からのものです。左側の未処理の乳がん細胞と右側のCBDによって破壊された乳がん細胞を比較してください。(写真提供:The California)

McAllisterの研究室によると、最良の結果は、CBDがTHCと一緒に投与された時に出ました。いくつかの研究は、特に末梢神経障害、癌による痛みを伴う症状、多発性硬化症(MS)、糖尿病、関節炎、およびその他の神経変性疾患の治療に関して、CBDとTHCを組み合わせることの治療上の利を強調しています。英国のGW Pharmaceuticalsによって実施された臨床研究はまた、CBDが全植物THCと組み合わせて投与された場合に鎮痛薬として最も有効であると示しました。

出典: Project CBD

返信を残す

メールアドレスは非公開です。必須項目は全て入力されています