WHOの報告書は公衆衛生上のリスクも依存の可能性もCBDには見つからない

2017年11月6日の月曜日に撮影された写真には、コロラド州フォートコリンズにあるコロラド州立大学の研究所で、CBDオイルをj服した注射器が写っています。(Credit: AP Photo/David Zalubowski)

世界保健機関(WHO)によって、カンナビノイド化学物質は、健康への悪影響はないが、CBDとも呼ばれるカンナビジオールのいくつかの医学的用途があると報告されました。

先月発行されたWHOの報告によると、自然発生するCBDは安全であり、人間や動物において十分に許容され、いかなる公衆衛生上の悪影響とも関連していないことが分かりました。 [PDF].

専門家らはさらに大麻に含まれる非精神活性化学物質であるCBDは身体的依存は誘発せず、「依存の可能性はない」と述べました。WHOはまた、THCとは異なり、CBDで興奮状態にならないとも述べました。

専門家らはさらに大麻に含まれる非精神活性化学物質であるCBDは身体的依存は誘発せず、「依存の可能性はない」と述べました。WHOはまた、THCとは異なり、CBDで興奮状態にならないとも述べました。

「これまでのところ、CBDの娯楽使用または、純粋なCBDの使用に関連する公衆衛生の問題はありません」と書いています・実際、この報告および他の報告によると、証拠はCBDがTHCの影響を軽減することを示唆しています。

しかし著者らは、研究により科学物質のいくつかの好ましい効果が正式に確認されたと指摘しました。

WHOチームは、CBDは成人、子供、さらには動物でも「てんかんの効果的な治療法」として実証しており、CBDがアルツハイマー病、癌、精神病、パーキンソン病、他の深刻な状況の治療に役立つ可能性があると述べています。

2016年7月19日、ワシントン州タコマで、薬物食品をイベントの準備として、Habel Chef兼CEOのChris SayeghがCBDカンナビス抽出物の用量を測定しました。(Credit: JASON REDMOND/AFP/Getty Images)

近年のこのような発見を認識して、報告書は「いくつかの国はCBDを医薬品として適応させるために自国の統制を変更した」と続けました。

だが、米国はそれだけではないと述べました。カンナビスの構成要素として、CBDは以前としてスケジュールI規制物質に分類されており、連邦政府の見解では、「乱用の可能性が高い」ということです。それにも関わらず、CBDの「許可されていない医学的用途」はかなり一般的である、と専門家は見出しました。

米国の多くのCBDユーザーにとって、この物質の大部分が認可されず違法であるため、オンラインで規制されていない薬を購入し、CBDオイルおよび抽出物を投与しています。

CBD自体は、安全で多くのユーザーにとって有益であることがわかっていますが、全てのカンナビス抽出物が等しく、純粋に、または同じ抽出方法で作られているわけではないと業界の専門家は警告しています。

純粋なCBDの有害作用はほとんど報告されていませんが、研究者らは、カンナビノイド独自が原因ではないと言っています。彼らは、「報告された有害作用は、CBDと患者さんお既存の薬との間の薬物相互作用の結果である可能性がある」と述べました。

カンナビス改革の非営利団体NORMLが報告したように、WHOは現在CBD独自の薬物スケジューリングコードにおける位置を変更することを検討しています。9月にNORMLは、CBDへのアクセスに関する国際的な制限の制定に反対する書面を米国食品医薬品曲(FDA)に提出しました。

多くの証拠があるのにも関わらず、カンナビス製品の立ち位置を更新することを拒否してきたFDAは、CBDの最終見直しにおいてWHOに助言する数多くある機関の1つです。

おそらく今回は、FDAは周りに耳を傾け、何かを学ぶでしょう。

報告書は、WHOの薬物依存に関する専門家委員会によって提示され、WHO事務局、必須医薬品医療製品部門、イノベーションチーム、アクセス、使用、政策、ガバナンスおよび知識の責任のもとに作成されました。

出典: Forbes

返信を残す

メールアドレスは非公開です。必須項目は全て入力されています